産後ダイエット

産後痩せない人のための失敗しないダイエット方法

出産後、妊娠前の体型、体重に戻そうとしても思った以上に痩せない、ダイエットしたら逆に体調が悪くなったという人も多いかと思われます。出産後痩せにくいのには様々な原因があります。原因と産後どのようにしたら効率良く痩せることができるのかその失敗しない対策方法をアドバイスします。

 

出産後ダイエットしても痩せにくいい大きな原因は以下の理由

出産後の骨盤の開きによる代謝機能の低下

赤ちゃんを生むために母体は骨盤を開き出産します。出産したあとこの骨盤が開きっぱなしになっている事が多くあります。
骨盤が開いたまま生活が続くと、身体の歪みが発生し、リンパや血流の流れが滞ってしまい、代謝機能の低下、冷え用、腰痛、むくみなどの鐘状が発症しやすくなります。代謝機能がよわ回ると当然太りやすい体質になりがちとなり産後痩せにくい体質になってしまいます。

 

妊娠中の筋力低下

10月10日、赤ちゃんを守るためにも出産前は激しい運動を行うことは医師から禁止されています。妊娠中どうしても筋力も低下しがちとなり、妊娠前とくらべても筋力が低下している可能性が高くあります。そのため基礎代謝機能が低下し結果として痩せにくい体質となっています。

 

食事量

妊娠中と出産後の食事量に変化が無いという方も多いようです。妊娠中は赤ちゃんにも栄養素を送る必要があったため十分すぎるほどの食事を摂取していたかと思われますが、出産後はすべて脂肪として蓄積されてしまいます。出産後妊娠中と同様の食事をしていたら当然過剰カロリー摂取となっており太ってしまう可能性は高いです。

 

出産後痩せやすくするためのダイエット方法

骨盤を正常な位置に戻す

産後約2ヶ月位〜10ヶ月までの間は骨盤周りもまだ柔らかく正常な位置に戻しやすい期間となっています。この時期に骨盤を正常な位置に戻すことにより代謝機能や身体のバランスを正常化させることが重要です。骨盤矯正器具や整体、骨盤矯正運動等を取り入れ骨盤を正常な位置にするようにしましょう。

 

適度な筋トレを心がけよう

産後は、家事や育児等慌ただしい事となり一番忙しい時期となります。慌ただしく動くため食事さえ気をつけていればカロリーオーバーになるようなことは無いかと思われます。しかし衰えた筋力はある程度筋トレをする必要があります。
特にお腹まわりは赤ちゃんを守るためにも腹筋及び背筋周りは暫く鍛えることができないため筋力は衰えています。
一日少しづつでも良いので腹筋や背筋運動を取り入れるようにしましょう。また下半身太りにもなりやすいので、スクワットもおすすめです。

 

産後ダイエットとしての食事を見直す

産後2ヶ月以降は母体も精神も安定されているかと思われますので、この時期から母乳には気にする必要がりますが適度な産後ダイエットは需要です。特に食事面は切っても切れない関係です。炭水化物は極力夜は減らし、ビタミンやミネラル、タンパク質を多く含んだ食事を心がけるようにしましょう。夜置き換えダイエットをするだけでも相当な効果が期待できます。